月別:2018年08月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モノクロスナップ写真 Canon単焦点レンズ50mm

 

普通に風景写真やスナップ写真を撮りに行った際に「これはモノクロ写真が良いな」という写真をモノクロにしています。

 

時には元からモノクロ写真にするつもりで撮影する場合もあります。

 

Canon EOS 6D

EF50mm F1.8 STM

2018年8月 六甲アイランド ひまわりの写真撮影

 

かなり絞ってみて背景を活かしたくなった。

 

 

背景を活かすと花に元気良さがでますね。

 

このくらいの日の丸構図だとなんかピントこない

 

こういう避暑てきな感じでモノクロ映え

 

ひまわりを横から写真を撮るとアップでは難しいイメージですね。

 

こういうひまわりの構図の方が夏らしくて良いですね。

 

 

背景の色合いでひまわりの印象が結構変わります。

背景ボカシでも気をつけたいですね。

 

夜のダンス撮影 様々の間接照明が飛び交う中でフラメンコダンスの撮影

 

ダンサーは池田理恵さん

美しい方ですね。

 

 

 

 

今回の撮影の場合「紫・青・赤」などの間接照明でピカピカしていて被写体がドロドロになる場合がありました。

 

ライブでダンスを観覧している場合はむしろ効果的な演出ですが写真にするとなると殆どの場合写真が難しくなるだけです。

 

 

激しく動くフラメンコダンスの美しさを見れて最高でした。

 

 

肌の色合いの統合性を載せる写真にバランス良く仕上げないと駄目なので本当に現像が難しかったです。

 

 

 

赤い照明のなかで衣装のカラフルさも表現って結構無理難題な目標ですね苦笑

 

 

 

モノクロ写真だと色をバッサリできるのでカラーでは使えない写真もモノクロでは一級品になる事もあります。

 

 

 

 

フランメンコのリズムの裏側で自分も呼吸を合わせるとダンスの足元の写真も良くなりました。

 

 

 

 

 

フランメンコダンスの足元の動きだけ写真に撮っても凄い良い写真になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はステージの前の方から135㎜の単焦点で撮影しました。

 

 

 

 

 

 

淡く写る黄色の照明を月に見立てたりと写真を撮ったあとに気づいて仕上げの際に大事にしたり後々気づく場合がありました。

 

 

 

 

 

 

 

足を運んで撮影を行いそれに伴い素晴らしいフランメンコダンスの写真が撮れた事に嬉しさを感じました。

 

神戸ハーバーランド

Canon EOS 6D

SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

 

RIE IKEDA

TAKESHI MAGARIYA