月別:2018年12月

一眼レフカメラで小さなフィギュアを綺麗に撮影したい!!

その要求に応えるためのテスト撮影です。

 

うちで一番描画能力に優れるレンズがSIGMA 135mm F1.8 DG HSMという135㎜の単焦点レンズになるのですがレンズには最短撮影距離がありそこから近づいてしまうとピントが合いません。

 

本来このレンズの場合「人間を撮影するのに適したレンズ」というポートレート撮影に非常に人気のある135㎜の単焦点レンズですが14cmmくらいの小さなフィギュアを撮影した場合、どれくらいの大きさで写るのかをテスト撮影してみました。

 

被写体 ウルトラセブン

大きさが約14cmです。

 

三脚は使わずに適当にレンズを向けて撮影しています笑

 

これくらい小さくても撮れていますね。

きちっとライティングして撮影条件を出せば深い被写界深度で広くピントを出せるので適当撮りでコレくらい写っていればフィギュア撮影でも135㎜の単焦点レンズが使えると思います。

 

 

縦構図でこれくらいですね。

開放で最短撮影距離近くの接写なので非常に浅い被写界深度になります。

 

被写体 ブロリー

大きさ23cm

 

20㎝を超えるフィギュアだとコレくらいの大きさで写す事が可能でバストアップなど構図に幅が出ますね。

 

スマホくらいだと分かりませんがホコリなどメッチャ写っています笑

本気でフィギュア撮影をする時は気を付けないと駄目ですね。

 

被写体 偽ウルトラセブン

大きさ18cm

 

慣れてきたら十分に135㎜の単焦点レンズでフィギュア撮影が出来そうです!!

新しく50㎜くらいのマクロレンズ買おうかな?と迷っていたので今回のテスト撮影でメドがたちました。

 

これからは色々のフィギュアの写真も一眼レフカメラで撮っていきたいと思います。

神戸南京町のスパイダーマン

 

Canon EOS 6D

SIGMA 135 mm F1.8 DG HSM

 

現像の違いで雰囲気がガラリと変化します

 

 

 

 

 

 

Spider-Man