2018年の神戸ルミナリエの様子

平日の遅い時間に撮影しましたがそれでも凄い人の数です。

まあ2018年の神戸ルミナリエというと例のルミナリエ水撒き事件もありカメラマンの人にとっても色々と教訓を学ぶ機会でもあったのではないでしょうか?

 

写真を撮られる側、写真を見る側などを考えず写真撮影だけを機械的に行った末の間違った方向性ですね;;

 

「花の写真を撮るのに他の花などを意図的に排除する」

アホちゃうか;;

 

今回の写真の紹介は写真枚数が多いのでドーンと行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ルミナリエのイルミネーションが始まるまでにもドラマがありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の神戸ルミナリエの写真撮影は一眼レフカメラのCanon EOS 6Dをメインカメラとして50㎜と135㎜の単焦点レンズを使って撮影しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタ用の撮り方など多岐にわたる為に今年の撮影枚数はかなりの枚数になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ・・同じ被写体でもアングルやタイミングで色々と変化するのでどういうのを狙っているか?を感じ取ってもらえたら幸いです苦笑

 

 

 

 

 

 

終わったあああ!!!

 

そしてルミナリエのスマホ撮影も数枚現像と( ´∀` )

 

ちゃんと写真が撮れればスマホのカメラでも十分な威力があるのですが一眼レフカメラを構える先の情景ってまた気持ちが高鳴るので一眼レフカメラをメインで写真を撮りたいですよね。

 

 

 

 

ルミナリエなどのイルミネーションの写真をスマホのカメラと一眼レフカメラで比較すると極端に明るい所と暗い所にスマホのカメラは設定を引っ張られ気味でピントが甘くなったり白く霞みがかったりします。

 

やっぱり人間の目で見たものを写真に残すためには一眼レフカメラの方が自由度が高く綺麗な写真が撮れますね。